メールレディの仕事をする上で気を付けること

メールレディの仕事はメールを使用して簡単に稼げる仕事です。会社に出社することもなく、自宅で簡単に稼げる仕事ですが、注意しなければいけないのは会社の様に税金が給料から天引きされることが無いため、自分で確定申告をして必要な税金を支払わなければいけないことです。

メールレディの仕事は会社との契約を行い、報酬をもらう形で、専門的には個人事業主という扱いになります。

もし法律で決まっている非課税の額の上限を超えて稼いでいた場合には年度末に確定申告をしないと脱税となり、法律で罰せられますので気を付けることが必要です。

メールレディの仕事で気を付けることはあります

メールレディとは、男性とメールのやりとりをしてお金をもらうことです。

必要なものは、携帯電話かスマートフォン、自分名義の銀行口座だけで始めることができます。

実際に、メールをしている方と会う必要はないので安全です。

ただ、気を付けることは男性からの誘いに応じて会うことは危険です。

メールで、会うことを強要されても会うことは拒否することができます。

そのために、自分の身元がわかるようなメールや写真は止めることです。

相手から、特定をされる場合があるからです。

そして、登録する際には大手で安心なところを探すことが大事です。

メールレディの仕事で気を付けることについて


メールレディの仕事は男性とメールのやり取りを行って、相手に何度もメールを送らせることです。

出来るだけ相手とメールでの会話を弾ませ、長くやり取りをすることで報酬も上がっていきますので上手にメールでの会話を行えば行うほど稼げる仕事です。

しかし、余り過激な表現をしたり、また個人情報を明かして相手の気を引こうとすると、相手がストーカーになったり、もしくは執拗な嫌がらせなどを行ってきたりすることがあるので気を付けましょう。

特に電話番号やプライベートのメールアドレスなどは絶対に教えてはいけません。たとえ相手の男をいいなと思っても、相手が嘘偽りで気を引こうとしている可能性もあるので、あくまでもメールの中だけのやり取りと割り切ることが大切です。もし、本気の出会いを考えているならPCMAX(ピーシーマックス)完全ガイドを参考にしてみるのもいいかもしれませんよ。
 

メールレディの仕事では個人情報を明かさないように気を付けることが大切


メールレディの仕事は、架空の人物になりきって男性とメールのやり取りをすることなので、自分自身の個人情報は決して明かさないように気を付けることが大切です。

相手の男性もメールレディとのメールのやり取りを癒しとして楽しんでいる場合が多いので、その夢を壊さないようにメールをすることがやり取りを長くし、高い収入を得る秘訣でもあります。

したがって、個人情報を明かしてしまうと相手の男性を極端に刺激してしまい、直接話をしてみたい、会ってみたいといった欲望を刺激することになり、ストーカーなどの被害に遭うことも多いので気を付けましょう。